実印大辞典~印鑑、実印のQAサイト

実印を買う予定であれば、実印と作成についてのQAで事前に疑問を解消しておきましょう!

Q.法人会社実印の登録と変更が分からないのですが・・・

A.法人実印の登録や変更はどのようにすればいいのでしょうか。今日はこのことについて書いていこうと思いますが、まずその前に法人実印とは何なのかといったところから入っていきます。

代表社印とも呼ばれる法人実印は、役割としては会社の代表者という意味合いがありますので、会社にとっても重要な取引に関する決定を行う場合などに使われるものです。

この印鑑の内側には、代表社印もしくは代表取締役印などといった文字が入ります。

外側には、商店名または会社名が入ります。

この法人実印には定められた規定の大きさというものがあります。

1cm の正方形の辺の長さに収まるものでなくては登録が行えません。3cm の正方形に収まらないようなサイズの大きな印鑑も登録はできません。法人実印の登録の流れを解説していきましょう。法人実印の登録を行う際は、法務局や地方法務局などに行って登録を行います。

これらの出張所や支局でも構いませんが、営業所となる住所の管轄地域にある場所で登録をしなければなりません。一般的には、会社設立時に法人の印鑑登録も一緒に手続きします。

では、法人実印を変更する際の流れですが、会社実印の変更を行う際も、登録をするときと同じように、法務局等の登記所に行かなければなりません。会社規模が大きく、支社もしくは支店を複数ある会社の場合は、本店所在地を管轄する場所で会員の手続きをしなくてはなりません。この場合に用意しなければならないのは、代表者などの届け出をする者の実印と、新しく登録をしようとしている印鑑、それから個人の実印に関しては、印鑑証明書も必要となっていきます。

この場合、証明書は3ヶ月以内のものでなくてはなりません。会員手続きには手数料がかかりませんが、転居による登記申請を一緒にしてしまう場合は、登録免許税というのがかかってきます。





カテゴリー:実印

   Q.印鑑はどうやって押すのが正しいの? »
Copyright © 2009 実印大辞典~印鑑、実印のQAサイト. All rights reserved